スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヴィレジャーズ

Becoming a Jackal / Villagers (2010)

久々のレビューです。(汗)
このバンドは、ダブリン出身のConor J. O'Brienのプロジェクトということらしい。
この人は同じくダブリンのバンド”The Immediate”のメンバーだったんやと。

さて、このアルバムの中身はというとアコースティックギターを中心とした音作りなんやけど、いわゆるフォーキーな感じとは違い「シンガー・ソング・ライター」的で独特の雰囲気を醸し出してる。中でも骨太で疾走感のある#3の”Ship Of Promises”にノックアウト!この1曲でこのアルバムに惚れたね!この音源もいいんやけど、YouTubeに上がってるライブ映像にヤラレタ。
ボーカルのConorのあどけない風貌もライブを見るとすげーオーラがあって背筋がゾクゾクする。
久々に刺激受けてうれしくなって更新しちゃいました(笑)

* Vollagers MySpace

マッシヴ・アタック

Heligoland / Massive Attack

Heligoland / Massive Attack (2010)

久しぶりにマッシヴ・アタックを聞いた。
2ndアルバム以降は聞いていないので途中経過は知らん(笑)
音数少なくシンプルで好きな感じ。
1曲目"Pray For Rain"でTV ON THE RADIOのTunde Adebimpeが歌ってるけど、もうまんまTV ON THE RADIO。

他にもゲストを迎えとるみたいやけど、やっぱりホレス・アンディーが歌ってる曲がしっくりきますねぇ。

ミカチュー&ザ・シェイプス

Jewellery / Micachu & The Shapes (2009)

Lo-Fiとエレクトロニカとグラスゴー産ならではのポップさ。
ライアーズのようなポストロック的要素を持ちながらチープな楽器で音をコラージュ。
22歳の才女が放つアート臭さいっぱいの一枚。

ビーク>

Beak> / Beak> (2009)

ポーティスヘッドのメンバー、ジェフ・バーロウの新バンド「ビーク>」。
音数が少ない中にもポリリズムで高揚していく不思議な効力のあるサウンドはまるで「CAN」のよう。
カンのドラマー、ヤキ・リーべツァイトのドラムを意識しているかのような"Iron Acton"なんかまさにそうやな。
音作りも60〜70'Sを意識しているのか、本物のジャーマンロックみたいな仕上がり。

ポーティスヘッドのようなブリストルサウンドとはまったく違ったプログレ風味な1枚。
いいです。

ハルヨシ・ミウラ

San Francisco to Tokyo EP

San Francisco to Tokyo EP / Haruyoshi Miura (2009)

最近のヘヴィー・ローテーション。 サンフランシスコ在住、メキシコ生まれの日系人ハルヨシミウラの最新EP。
シンニシムラのレーベル「PLUS RECORDS」からのリリース。
詳しいことはな〜〜んも知らんけど、メッチャ気持ちいい音っす。
"Don't Hesitate"のクールさといったら。。ココチイイテクノ。

*PLUS RECORDS

シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップキングス

Sharon Jones & The Dap-Kings

Dap Dippin / Sharon Jones & The Dap-Kings (2002)


NYのディープ・ファンク・レーベル「ダップトーン」を代表するグループ、Sharon Jones & The Dap-Kingsの1st。現在3枚のアルバムをリリースしている彼らの作品の中でも、この1stが最もファンク度が高い。
60-70'Sのブラック・ミュージックのグルーヴを意識している現代のアーティストの作品は数々あれど、ここまで「再現」するのか!とニンマリすると同時に体がウズウズするナイスなファンク・アルバム!とにかく最高!
60'Sファンクが持つ泥臭さと粘っこいサウンドを演奏だけでなくレコーディングによる音質まで再現。J.B.やダイク&ザ・ブレイザーズ、初期のシル・ジョンソンみたいな雰囲気。シャロン・ジョーンズのボーカルもこのヴィンテージ・サウンドに負けることなく風格ありです。
当時のヴァイブにこだわったこのアルバムを聞く我々も「ブロードウェイ」や「ブーガルー」といったステップで踊りたいところ。(笑)


* Sharon Jones & The Dap-Kings Official web site
* Sharon Jones & The Dap-Kings (MySpace)

ザ・クオンティック・ソウル・オーケストラ

Tropidelico

Tropidelico / The Quantic Soul Orchestra (2007)


4枚目となるこのアルバムのカラーは「ラテン」。
このバンドが持つアーリー・ファンクな感覚はそのままに、キューバン、サルサなどのラテン・フレーバーをあわせ、ジャズとHip Hopをふりかけたような(笑)ゴキゲンなサウンドに仕上がってます。
決して異ジャンルの要素を融合させるといったものではなく、それぞれのいいとこ取り(笑)。
難しく考えんと腰をフリフリ踊ってほしいアルバムですな。
ジャケも内容同様メチャメチャ好みっす。

* Quantic Officilal website

<< prev / Page 1 of 36 / next >>