スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハリー・ムーディ・ミート・キング・タビー

In Dub Conference Vol.1

In Dub Conference Vol.1 / Harry Mudie meet King Tubby (1976)


ムーディスクというレゲエ界の中でもハイセンスなレーベルから出されたアルバム。全編インストながらぜんぜんタイクツしない。1発目の "Full Dose Of Dub" はカーティス・メイフィールドばりにクールで緊張感がある。ダブの大御所キング・タビーがミキシングをやっているんだけど、このアルバムでの彼の仕事はベストワークに近いらしく、絶妙なダブが全編にわたって響いてる。ストリングスをフューチャーした "Dub Wuth A Difference" 、エレピの響きと音と音との絶妙の隙間が美しい "Heavy Duty Dub"などかなり聞き所が多くて嬉しくなってしまう。

スポンサーサイト

+ COMMENTS :
+ POST A COMMENT :













+ TRACKBACK URL :
http://morganfield.jugem.cc/trackback/205
+ TRACKBACK LIST :