スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

トム・ウェイツ

Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards

Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards / Tom Waits (2006)


大好きなのに今まで1枚も紹介してなかったばい。トム・ウェイツ。不覚!
ということで紹介するのは彼の最新作。しかも3枚組み。これ反則?
今までなら"The Heart of Saturday Night"か"Rain Dogs"をおすすめしていたオイラ。
ここんとこのトムはあまり好きではなく、"The Black Rider"くらいから新作を聞かなくなった。
しか〜し、この最新作は最高ばい!3枚それぞれに性格があって、1枚目は初期アサイラム時代を匂わせる雰囲気。2枚目はアヴァンギャルド味が出てきた"Rain Dogs"などの感じ。3枚目はポエトリー・リーディングをやったりと実験的でとにかく彼の今までの活動の集大成のようなアルバム。自分の作品の二番煎じか?ともとれるかもしれんけど。そこは楽曲の良さがカバー。マジいいよ。

スポンサーサイト

+ COMMENTS :
+ POST A COMMENT :













+ TRACKBACK URL :
http://morganfield.jugem.cc/trackback/274
+ TRACKBACK LIST :