スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ロスト・イン・トランスレーション


Lost In Translation (Original Soundtrack) / V.A. (2003)


フランシス・コッポラの娘で、フォトグラファー、デザイナー、女優の顔を持つソフィア・コッポラが監督した映画「ロスト・イン・トランスレーション」のサントラ。 目玉はなんといっても、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが、13年振りに書き下ろした新曲4曲!"City Girl"なんかマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの新曲やん!といわんばかりにギターサウンドで、久しぶりに歌声も聞けて涙。あとの3曲はギターによるアンビエントなインストと、テクノ。気持ちいいです。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインそのものも1曲入ってます。
そして、東京を舞台にした映画ということで、日本の曲をとばかりに、あの、はっぴいえんどの「風をあつめて」収録!これは小山田圭吾がプロデューサーにプッシュしたとかしないとか・・・その他にもデス・イン・ヴェガス、エールなど収録。
とにかくマイ・ブラッディ・ファンにはマストな1枚!映画も見てみよ。

スポンサーサイト

+ COMMENTS :
+ POST A COMMENT :













+ TRACKBACK URL :
http://morganfield.jugem.cc/trackback/57
+ TRACKBACK LIST :
ともかくぶっ飛びたい時に鼓膜破れるくらいで聴いてます。(もちろんヘッドフォン) 前にクラブで大音響でかかったけどよかったー!「Lost in Translation」で彼らの「Just Like Honey」が使われていて、東京の空虚さと主人公の彼女に対する思いがうまく伝わり、まるで
from "hyuma" | at 2004/07/10 10:59 PM