スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ザ・ダーティー・ダズン・ブラス・バンド

Voodoo

Voodoo / The Dirty Dozen Brass Band (1989)


これぞセカンドライン!と言わんばかりにニューオリンズ・サウンドでゴリ押しのブラスバンド、ザ・ダーティー・ダズン・ブラス・バンド!ライブは残念ながら見たことないんやけど、かなり盛り上がるらしい。
このアルバムは、そんなご機嫌な彼らにプラスしてゲストがまたご機嫌です。ジャズ界からディジー・ガレスピー、ブランフォード・マルサリス、そしてニューオリンズといえばこの人、Dr.ジョンが参加。Dr.ジョンがボーカルをとるボビー・ウーマックのカバー"It's All Over Now"は最高のニューオリンズ・サウンドです。
しかし、ニューオリンズ・サウンドってシンコペートする独特のビートが魅力なんですが、この人達ブラスバンドなんでベースラインってチューバで吹いてるんだよなぁ。ホントにキレがあってファンキーなチューバです。並の肺活量じゃーなかろうな。マジすげー。


*web site

ザ・ゲイターズ

Wasted

Wasted / The Gaturs


ニューオリンズ出身としては洗練された魅力を持つウィリー・リー。
その彼が率いていたザ・ゲイターズのシングルとウィリー・リー名義で出されたシングルをまとめたコンピ。ザ・ミーターズのような粘りとコクのあるニューオリンズ・ファンクと都会的でジャズのクールさを持ったファンクという両極端な選曲ですが、実に捨て曲ナシのいかしたアルバムです。
残念なのはマスターからではなく、アナログからの起こしなので音質がイマイチですが納得の1枚。"Funky Funky Twist" "Concentrate" "Get Up"に参ってください。

ザ・アイケッツ

Fine, Fine, Fine

Fine, Fine, Fine / The Ikettes


アイク&ティナ・ターナーのバックコーラスを勤めるコーラス・グループのアイケッツ。モッド達の大好物、スー・レーベル時代のシングルを集めたコンピ盤。ほどよいポップテイストをちりばめたナイスなノーザン・ソウルです。なかでもアップテンポのダンサー"Camel Walk"は、マジでガツンとやられました。ノリノリよぉ〜。

ザ・アイズレー・ブラザーズ


Givin' It Back / The Isley Brothers (1971)


白人ソングライターのカバーばかりで構成されたアルバム。
とはいってもジミヘンとビル・ウィザースもあるけどどちらも白人うけした人達だから・・・ニール・ヤング、スティーブン・スティルス、ボブ・ディラン、ジェームズ・テイラーなどの曲をニュー・ソウル的観点でカバー。とりわけスティーブン・スティルスの"Love The One You're With"は最高 !

マイケル・ヴィナーズ・インクレディブル・ボンゴ・バンド

ボンゴ・ロック

Bongo Rock / Michael Viner's Incredible Bongo Band (1973)


なんかヘンテコな魅力のアルバム。ボンゴをフーチャーしてあるけどドラムが一番カッコイイ!どの曲もドラムとボンゴとのブレイク部分が聞き応えあって、これだけでも十分腰が動く。まさにブレイク・ビーツ。全体を通してかけられている、わざとらしいリバーブも気持ちいい。数々のサンプリングねたがここにはギッシリ。ネタとして超有名な「アパッチ」収録です。

ザ・ミーターズ


Rejuvenation / The Meters (1974)


このBLOGのタイトルを見てお分かりのように(キャベッジ・アレイは彼らの4thアルバム名)僕がブラック・ミュージックの中で一番好きで影響受けまくったバンドがこのザ・ミーターズっす。ニューオリンズ出身という背景から生まれた、誰にもマネできない独特のグルーヴ!彼らのアルバムは、インスト中心の初期と後期(ジョシー時代とワーナー時代)に大きく分けられるけど、それぞれに魅力があり、ファンとしては甲乙つけがたいんですが、このアルバムに収録されてる"Jungle Man"をカバーしたこともあり、このアルバムをプッシュ!
彼らの決して2で割る事のできない、モチモチとしたグルーヴに、是非浸ってもらいたいっす!


*web site(funky meters)

ザ・エリミネーターズ

Loving Explosion

Loving Explosion / The Eliminators (1974)


ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ、ザ・エリミネーターズ。74年にBRUNSWICKからリリースされたナイスなアルバム。
メロウなソウルからイナタいグルーブものまで、この時代のノーザン・ソウルのいいところがギッシリ詰まってます。コクのあるファンキーさは絶品!マジいいっす。

<< prev / Page 3 of 3 / next >>